本校の言語学科について

本学科の学士課程と修士課程では、専門職やさらに上の教育課程(博士課程等)に必要な知識や能力を身につけること目指しています。それぞれの教科で、あらゆる分野の研究に対応できるような分析能力を向上させます。また、思考能力を高め、幅広い知的関心に対応し、個人の知識をより豊かにします。

本学科は幅広い専門分野に対応してます。言語学での修士・博士の学位の取得はもちろんのこと、英語学、人類学、社会学、コンピューターサイエンス、認知科学、教育学、外国語など別の分野で学習を続ける為の十分な準備もできます。

本学科、学士課程での専攻・副専攻、修士課程、TESL資格取得プログラムについての詳細はこちらのリンクでご覧いただけます。

言語学科にはコンピューター支援言語学習 (CALL)、言語学の学習、そして音声分析ためのコンピューター・ラボと音声学ラボがあります。また、TESL専攻の学生には、アメリカン・イングリッシュ・インスティチュート で教育実習の場を提供し、適性のある学生には教員として採用される道も開かれています。

本学科は、カリフォルニア州立大学フレズノ校の先住民族言語グループ (ILG) の本拠地でもあります。このグループは、アメリカ大陸の先住民族の言語を記録し、復活させることを目的として活動している言語学科の学生と教授陣のグループです。

どうして言語学?

アメリカ言語学会のこちらの記事をご参照ください。